2010年04月26日

長谷寺ぼたんまつり(4)〜五重塔と時を告げる鐘と法螺貝〜

皆様こんばんわ

家具通販 赤やの藤川です。


花の御寺長谷寺の五重塔に向かいテクテクと歩き前方に見えてきました。

長谷寺4-1.jpg

長谷寺4-2.jpg

新緑と五重塔の朱色が映えて、前回のブログにも記載いたしましたが、
良い感じです。

長谷寺4-3.jpg

五重塔の向かいには、すでに無い三重塔の跡の碑が立っていてもし、三重塔が残っていたらどのような感じになっていたのか想像が膨らみます。

陀羅尼堂に向かい歩いていくと

鐘の音と法螺貝の音が聞こえ、思わず本堂に目をむけカメラ

長谷寺4-4.jpg

入山時にいただいたパンフレットによると正午には、鐘楼より鐘と法螺貝で時をしらせているそうです。

1000年の歴史があると何か感慨深いものでした。

陀羅尼堂のアジサイはやはり、まだまだで6月ごろにはぼたんとかわり梅雨時の参拝客の目を楽しませてくれることでしょう。

一旦五重塔に戻り、周辺を再び撮影

長谷寺4-5.jpg

長谷寺4-6.jpg

長谷寺4-7.jpg

本坊に向かうため、山を下っていきます。

長谷寺4-8.jpg

長谷寺4-9.jpg

長谷寺4-10.jpg

山を下りながらも撮影したくなるような被写体が一杯です。

長谷寺4-11.jpg

憤怒の表情の鬼瓦ですが、なにか花飾りを付けているようで愛嬌のある感じで思わずカメラ

う〜ん、もっと構図がうまくしたかったですねたらーっ(汗)

長谷寺4-12.jpg

境内ではカメラでの撮影をしている方以外にもスケッチなどをされている方も拝見。

私も良い写真が撮影できるように頑張らなければあせあせ(飛び散る汗)

次回は終盤の本坊周辺をアップします。

では、今回はこのへんで

家具通販 赤や 藤川でした。
posted by メタボF at 01:52| Comment(0) | 長谷寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。